〜日本初のプロ BMX チーム〜

現在、猛烈な勢いで若者を中心に人気を高めているBMX競技。
TV、CMでは観ない日が無い程までメディア露出も引っ切り無しに続いております。
その競技において、2017年国内初となるプロBMXチーム"GANTRIGGER"を発足させました。
BMX競技は、レースが北京五輪から正式種目に加わり、東京五輪からフリースタイル競技が正式種目となりました。
現在GANTRIGGERではレース種目の選手で、オリンピアンの阪本を含め4名が在籍しています。
そして西村寧々花が2019年世界選手権ファイナリスト(日本代表選手最高位)全日本チャンピオン、吉村樹希敢が2019年アジアチャンピオン、島田遼が2019年日本シリーズチャンピオンと、若い才能ある選手達が世界チャンピオンになれる様、競技環境を整え目標に向かい戦っております。
また、国内でのBMX競技普及に対しても、これまでオリンピック初代BMX日本代表となった阪本1人で取り組んで来ましたが、チームの選手達も広告塔となり活動し、発足から2年で非常に大きな成果をもた らしたとの声も業界内外から沢山頂いております。
今後は目の前に迫ってきた東京2020オリンピック、更には2024パリオリンピックにてチームの選手が活躍をし、子供達に夢や目標を与えて行ける様チームとして戦って行きたいと思っております。

チームの紹介
スポンサー
動画